包茎の種類と予備知識

真性包茎・仮性包茎のトップページに戻る

真性包茎・仮性包茎の間違わない予備知識





無料相談メール


上野クリニックで現在
無料カウンセリグン実施中。


真性包茎


ここでは主に包茎と言われる3種類のタイプの中から
2番目に重いタイプの真性包茎の説明をしたいと思います。

この「真性包茎」とは、

包皮が常に亀頭に被さっており、
癒着している場合もあって皮が自分では剥けない状態を指します。

この真性包茎の原因は包皮の口、
つまり本来なら亀頭が出入り出来る筈の部分が小さく、
また包皮と亀頭が癒着してしまっている為、
もし皮を無理矢理引っぺがそうとすると痛みや出血を伴い、
場合によっては重度のカントン包茎になって
緊急の手術を要するような事態に陥ってしまう可能性があるので、
少しでも痛みを感じたらむやみやたらに弄らない事をお勧めします。

真性包茎の場合、包皮が性行為の妨げとなり
例え射精したとしても皮の中で受け止めてしまう為不妊になったりと、
機能面で大いに問題があるといえます。

それに恥垢が非常に溜まり易いうえ、
包皮に邪魔され上手く洗えないので不衛生になり、
様々な病気や男性としての機能低下を招く恐れがあります。

この真性包茎の場合、
その状態(勃起を著しく妨げたり陰茎の機能を阻害する場合)
によっては健康保険が適応される為、
手術する、しない、に係わらず自分の状態を把握する為に
一度お医者さんやクリニックへ行って、
相談してみるのも一つの解決策かもしれません。

しかしいくら保険が適応されたからといって
やはりお金もかかりますし、
人によっては例え手術しても
「勃起時以外は仮性包茎と同じ状態になる」方もいるそうなので、
相談先で手術を進めらた場合も、
よく考えてからどうするか決めるようにしましょう。

性器もまた、
最後まで付き合っていく大切なパートナーなのですから。
CopyRight 2007 All rights reserverd by webmaster