包茎の種類と予備知識

真性包茎・仮性包茎のトップページに戻る

真性包茎・仮性包茎の間違わない予備知識





無料相談メール


上野クリニックで現在
無料カウンセリグン実施中。


嵌頓包茎(カントンホウケイ)


ここでは主に包茎と言われる3種類のタイプの中から
最も重いタイプの嵌頓(カントン)包茎の説明をしたいと思います。

この「嵌頓(カントン)包茎」とは、

包皮の開口部が狭い真性包茎の方が力任せに皮を引き剥がした結果、
目的である露茎はしたものの皮の口部分が陰茎を締め付け
強く圧迫して血液の流れを止めてしまう状態の事を指し、
放置しておくと陰茎の細胞を破壊してしまう可能性がある為、
クリニック等で何らかの処置をして貰わないといけない事があります。

その場合、「男性器の正常な機能に支障をきたす事になる為」

健康保険が適応されます。

このカントウ包茎も皮が突っ張って自力で露茎する事が難しいので、
真性包茎と同じく不衛生になり様々な病気になり易いと言えるでしょう。

但しこれも「皮は伸びる」という(確証はありませんが)理論からすると、
少しずつ自力で皮の口を伸ばしていく事によって
仮性包茎ないし真性包茎まで改善出来るかもしれません。

しかしネットから仕入れた様々な生兵法だけを頼りに弄り過ぎると
うっかり陰茎を鬱血させてしまったりして危険な場合もあるので
とりあえず「手術する、しない」というのは置いておいて、
クリニック等で適切なアドバイスを指南して貰うのも一つの手かと思います。

CopyRight 2007 All rights reserverd by webmaster