包茎の種類と予備知識

真性包茎・仮性包茎のトップページに戻る

真性包茎・仮性包茎の間違わない予備知識





無料相談メール


上野クリニックで現在
無料カウンセリグン実施中。


自然治癒


ここでは包茎治療法における
「包茎の自然治癒」について話したいと思います。

とは言えこれは「包皮が自然に剥けた」という
つまりは何もしなくても時期が来たら自動的に露茎した人の事なので
あまり包茎治療の参考にならないかもしれませんが、
「露茎する事」がどういう事なのか把握出来ればと思い書きました。

「手を触れなくても時期が来て自然に露茎する」

これは思春期の始まりから終わりにかけて
徐々に変化していく包茎でない男性のペニスの状態を指しています。

見た目としては最初は亀頭の先まで包皮に覆われていて
真性包茎の状態だったペニスが成長し、
先端部分から時間をかけて包皮がめくれていき、

「普通に生活していてもそのめくれた状態が続く」

といった感じでしょうか。

皮がめくれたばかりのペニスは包皮に守られていた為、
外部から強い刺激を感じると痛みを伴いますが
そのまま生活していると徐々に亀頭の皮が厚くなり
ある程度の刺激を感じても平気なようになります。

以上が「自然に露茎する」状態の説明でした。

しかしその変化にも個人差があり、
早期に包皮が完全に裏返る人もいれば、
露茎の途中でその変化が止まってしまう人、
一応露茎はしているものの鎌首の部分に若干皮がかかっている人など様々。

またこの「まだ若干皮を被っている」状態を
「仮性包茎」と言うかどうか意見が分かれますが、
以前にも書いた通り「仮性包茎」はあくまで「仮性」であり
勃起時にちゃんと露茎して機能面にも問題が無いと判断される為、
医学的に正式な包茎とは見なされません。

なので少し皮が被ってるからといって気にする必要は無いでしょう。

ですが例え完全に露茎している方でも
ペニスのカマ部分は構造上汚れが溜まり易いので
仮性包茎の方は勿論、露茎している方も
しっかり洗って清潔に保つ事を忘れずに。

CopyRight 2007 All rights reserverd by webmaster