包茎の種類と予備知識

真性包茎・仮性包茎のトップページに戻る

真性包茎・仮性包茎の間違わない予備知識





無料相談メール


上野クリニックで現在
無料カウンセリグン実施中。


包茎手術


ここでは包茎治癒法における
「手術による包茎治療」についてお話したいと思います。

包茎手術を受ける人には、
大きく分けてパターンが2つあります。

まず自然に任せる形でも自力でも包茎が治らず、
尚且つ「どうしても包茎を治さないといけない」理由がある場合、
例えば

「重度のカントン包茎で放置すると男性器の細胞が壊死してしまう」

等の理由がある場合は速やかに泌尿器科で手術する必要があり、
その際も

「機能面で問題のある包茎手術の場合は健康保険が適応される」

ので医療費も安く済みます。

そしてもう一つあるのが、

「機能的には問題ないものの包茎を治したい」場合や、

とにかく余分な皮を除いて亀頭を露茎させたい場合など、
この場合の包茎手術は整形と同じくくりにされるので
保険が適用されず全額個人負担、
つまり実費での手術という事になり
健康保険適応の場合とは異なって
かなりリアルな数字の手術費用が必要となります。

それでは次の「包茎手術について」では
手術についてをもっと掘り下げてお話させて貰おうと思います。
CopyRight 2007 All rights reserverd by webmaster