包茎の種類と予備知識

真性包茎・仮性包茎のトップページに戻る

真性包茎・仮性包茎の間違わない予備知識





無料相談メール


上野クリニックで現在
無料カウンセリグン実施中。


包茎手術のリスク、デメリット


ここでは「包茎手術におけるリスク、デメリット」
についてお話したいと思います。

包茎手術のリスク、デメリット、
それは単純に「切るだけ」と思われがちな包茎手術の落とし穴で、

「例え皮とはいえ自分の身体にメスを入れる」

という事実を甘く見て手術を受けてしまうと、
思わぬしっぺ返しを食らってしまうという事を
ここを読んで知って頂きたいと思います。

まず第一に皮膚もしっかり生きています。
つまりその部分を切除した場合には
多かれ少なかれその部分が肉体の他の場所にも影響します。

そして影響が出た場合、
その事をちゃんと考えて手術していないと

「勃起した際に皮が突っ張ったりする」
「取る必要のない部分まで切除されてしまった」

なんてトラブルになり兼ねません。

もし手術をするのなら手術本番は勿論の事、
術後のアフターケアもしっかりしている場所を選びたいところです。

その他にも包茎相談に来た方の不安を煽って
包茎手術に踏み切らせてしまったり、
相場よりも高額な手術代を請求されたり・・・
包茎手術をしてくれる場所は沢山ありますが、

「本当にそこで手術していいのか?」

という事を色々な場所へ相談してみたりして
しっかり吟味しないと後で痛い目を見るのは貴方自身なのです。

「国民健康保険」というものが存在しなく、
常々より医療制度が問題視されているアメリカでは
医療機関を利用する際に治療を受ける人自身が
責任を持って病院を選ばなければならない為、
色んな病院の情報を比較して一番良さそうな場所を選ぶのが当たり前です。

それと同じで包茎手術に踏み切る前に

「本当にそれでいいのか?」

よく考えて決める必要があります。

何故なら緊急でない場合の手術を決めるのは自己責任です。

トラブルに巻き込まれない為にも出来る限り
事前に資料請求、電話相談、メール相談、実際に相談してみる等で
手術をしてくれる側の情報を集めしっかり考えて結論を導いて下さい。





CopyRight 2007 All rights reserverd by webmaster