包茎の種類と予備知識

真性包茎・仮性包茎のトップページに戻る

真性包茎・仮性包茎の間違わない予備知識





無料相談メール


上野クリニックで現在
無料カウンセリグン実施中。


包茎手術の方法


ここでは「包茎手術の方法」
についてお話したいと思います。

包皮を切る方法


切開法

切開法とは
余分な包皮や脂肪を切除して縫い合わせる方法です。

この切開法は切除する部分によって手術の名前が違い、
ペニス周りの皮を環状に切除する環状切開法や、
包皮の開口部に切れ込みを入れる背面切開法、
根本部分の余った脂肪を切除する根本部分切開法などがあり、
どれも皮を切除する為、術後の安静期間が必要です。

また、手術成功、失敗に因らず、
性感帯(裏筋周辺)が切除されてしまう可能性もある為、
手術するか否かは専門の方によく相談して決めましょう。

マイクロ・サージェリー法

マイクロ・サージェリー法とは
顕微鏡を駆使した精密な方法で包皮を切除する方法です。

切開法と同じく切開はするものの
精密機器による計算によって
必要最低限の場所のみの切除になりますので、
こちらは上記よりも自然な仕上がりになるそうです。

ただし完全なる自然体という訳ではありませんので、
専門家によく相談のうえで手術をご検討下さい。

P.Pレーザー治療法

P.Pレーザー治療法とは
レーザーメスによって包皮を切除する方法です。

メリットとしてはレーザーで焼き切る事によって
患部の出血を抑える事が出来ますが、
レーザーメスを扱うには高度な技術を要するので
執刀医の腕によっては必要のない場所まで
切除されてしまう場合があります。

なので手術に踏み切る際は
専門家の方とよく相談して検討するようにして下さい。

包皮を切らない治療法

保存療法

保存療法とは、
包茎手術の中でも包皮を切ったりせずに残したまま治療する方法です。

具体的な治療内容は
1日数回、ステロイドの軟膏を包皮の狭い部分に塗って
開口部分を広げる事で露茎出来るようにするというもの。

この保存療法は主に子供の包茎治療に使われるそうですが
勿論大人の包茎治療においても効果を発揮するそうで、
塗り薬なので治るまでにやや時間を要しますが
皮を切ったりしない分安全な方法とも言えるでしょう。


ナチュラルピーリング法

ナチュラルピーリング法とは、
包茎手術の中でも包皮を切ったりせずに残したまま治療する方法です。

これのナチュラルピーリング法は
包茎の度合いが軽めの方に行われる手術で、
包皮を縫う事で露茎する癖付けをする方法です。

縫う糸によっては時間と共に体内に溶け抜糸しなくてもいい為、
手間もかからず比較的安全に治療する事が出来るようです。

ただし重度の包茎の方だと
この方法では改善されない場合があるとのこと。

根元部固定法

根元部固定法とは、
包茎手術の中でも包皮を切ったりせずに残したまま治療する方法です。

この根元部固定法は
亀頭を覆っている包皮に医療用接着剤を付け
ペニスの根本部分で固定して露茎する癖付けをする方法です。

こちらもただ接着するだけなので安全に治療する事が出来ます。

ただし接着剤の接着力が落ちると
また元の包茎状態に戻ってしまう場合があるとのこと。

CopyRight 2007 All rights reserverd by webmaster